5万円以下はダメ!在宅ワークにおすすめのパソコンのスペック&機種

在宅ワーク パソコン

こんにちは。Webライターの日野珠希(@tamakihino0707)です。

これから在宅ワークを始めるにあたり、家にスマホしかないので近々パソコンを買う予定の人もいますよね。

「まだ1円も稼いでいないから、なるべく安いパソコンを買いたい!」と思っていませんか?

現にYahoo知恵袋などで「在宅ワークのパソコンは5万円以下で十分」という書き込みをたびたび目にします。

確かにデータ入力やWebライター、アフィリエイトなどは高度なパソコンスキルがなくてもできるので、15万円以上のハイスペックのパソコンを買う必要はありません。

しかし、いくら高度なスキルが必要としない在宅ワークでも5万円以下の激安パソコンの買うことは正直言っておすすめしません

今日は、快適に在宅ワークが進められるおすすめのパソコンのスペックや機種、値段を紹介します。

CPUはCore i3以上がベター

在宅ワークでストレスフリーに作業をするなら、CPUは少なくともCore i3以上は必要です。

CPUとは、パソコン内部の計算処理やキーボードやマウスで入力した信号を処理するパーツのこと。人間に例えるならCPUは頭脳みたいなものなので、パソコンの中で一番重要なパーツといっても過言ではありません。

大抵のパソコンにインテルというメーカーのCPUが搭載されており、右に行けば行くほどパソコンの動作が速くなります。

パソコン スペック

5万円以下の激安パソコンは、「Celeron(セルロン)」と呼ばれる性能が低いCPUが搭載されているケースが多いです。在宅ワークで効率よく作業するなら、CPUに動作が遅いCeleronを採用しているパソコンの購入は避けたほうがよいでしょう。買ったばかりのときはサクサク動いても、だんだん動作が遅くなってきて業務に支障をきたします。

Windows10はメモリが8GB必要

今、家電量販店やAmazon、価格.comで売られているWindows PCはほとんどWindows10 Home Editon 64bit版です。

Windows10 Home Editon 64bit版を快適な動作で使うのなら、メモリは8GBは必要です。Windows10 Home Editon 64bit版は、起動するだけでメモリを2GBも使用します。起動後のブラウザ閲覧、Office起動などその他動作で使えるメモリの量はわずか2GBしかありません。

メモリのスペックもCPUの次にパソコンの動作に大きな影響を及ぼします。メモリとは、パソコンの作業を高速化するために一時的にデータを保存するパーツのことです。メモリのスペックはGB(ギガバイト)と呼ばれる数値で表しますが、この数値が大きければ大きいほどパソコンの動作は速くなります。

5万円以下の激安パソコンのメモリは、たいてい4GBであるケースが多いです。私が1年半前に買った作業用PCは、NEC LAVIE ZEROのWindows10 Home Editon 64bit版、メモリ4GBが搭載されたものです。ちょっとした作業ならメモリが4GBでもなんの問題もありません。

しかし、Webライターの仕事はネットで色々と調べ物をしながら原稿を書くため、インターネットのタブを10~20個開いた状態であることもザラです。それに加えてWordやテキストエディターを開いていたり、画像をダウンロードしたりします。その状態でメモリの使用量を確認すると80%以上使っているケース少なくありません。

ストレージはSSDで128GBデータが保存できるもの

快適な動作で作業するならHDDやSSDと呼ばれるパソコンのデータを保存するパーツの容量は128GBはほしいです。

デスクトップやマイドキュメントに保存したファイルやデータ、パソコンにインストールしたOfficeソフトのプログラムは、すべてHDDやSSDなどストレージと呼ばれるパーツに保存されます。5万円以下のパソコンだとストレージの保存容量が32GBしかないものが多く、HDDを使用しています。

HDDとSSDのちがいをざっくり説明します。参考までに確認してみてくださいね。

HDDとSSDのちがい

・HDD
安価で大容量データの保存が可能だが、パソコンの起動やデータの保存、読み込みに時間がかかる。磁気ディスクなので壊れやすい。ただし、壊れたときのデータ復旧はSSDとくらべて容易。

・SSD
パソコンの起動やデータの保存、読み込みは速いけど、高価でHDDほどデータが保存できない。耐久性があって壊れにくい反面、壊れたときのデータ復旧はむずかしい

単純にWordやExcelなどテキストベースのファイルを保存するだけなら、ストレージは32GBだけでも問題ありません。しかし、動画や画像を保存するなら32GBだとすぐにストレージの容量がいっぱいになってしまいます。

そのうえ、Windows 10は今までのWindows7や8とちがい、WindowsUpdateと呼ばれる不具合を修正するパッチが強制的に適用されます。Windows10のWindowsUpdateで配信されるパッチはファイルサイズが大きいので、ストレージが32GBのパソコンだと容量不足でアップデートに失敗するとの話をたびたび耳にします。

WindowsUpdateは、毎月マイクロソフトにより水曜の第二週に配信されるため、32GBのパソコンだと動画や画像を保存しなくても、パッチファイルですぐにストレージがいっぱいになるでしょう。

在宅ワークに必要なパソコンのスペックとおすすめの機種

今まで説明したスペックを満たすものは、8~10万円のお手頃価格でおすすめのPCは次の2つです。

東芝 dynabook AZ35

これまで説明したスペックを満たすPCに東芝 dynabook AZ35があります。

  • CPU:Core i5
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB

モニタが15.6インチあるのでノートPCでも視野角が広くて作業しやすいですよ。DVDドライブ内蔵型なので重さは3.2kgあってやや重め。

しかし、同じスペックの国内メーカーのノートPCは10万円以上するものが多いなか、価格com、家電量販店、Amazonで8~10万円前後で購入できてお得です。

なにかトラブルがあったときも国内メーカーなので安心して相談できます。私がはじめて購入したパソコンはDynabookでしたが、当時は学生でPCがスキルは全くありませんでした。

わからないときに東芝のサポートにしょっちゅう電話していましたが、東芝のサポートスタップはどんな些細な質問も親切に教えてくれたことを記憶しています。

PCスキルに自身がない、家族にPCのことで相談できる人がいない場合は、サポートが丁寧な国産メーカーのPCの購入をおすすめします。

Acer ノートパソコン Aspire E15

Acer ノートパソコン Aspire E15は、CPUがCore i7とハイスペックにもかかわらず、価格comやAmazon、家電量販店で10万円前後で購入できるコスパの高い機種。

CPU:Core i7
メモリ:8GB
SSD:256GB

我が家のデスクトップPCのCPUは、Core i7ですがCore i3のノートと違って、Officeソフトの起動、ネットサーフィンすべてにおいて快適に動きます。

一般的にパソコンは、CPUをはじめ各パーツのスペックが高くなればなるほど、それに比例して値段が高くなります。

上記スペックのPCは一般的にだいたい13~17万円前後するので、Acer ノートパソコン Aspire E15はとてもお買い得なPCといってよいでしょう。

まとめ

今回はパソコンが快適な動作で使えることに焦点を絞って、在宅ワークにおすすめのパソコンのスペックと値段や機種を紹介しました。

5万円以下の激安パソコンは、「CPUやメモリの性能が悪くて動作が遅い」「データの保存容量が少ない」という理由で在宅ワークで使うことをおすすめしません。

在宅ワーク用にパソコンを買うのであれば、下記条件を満たしたものを選ぶとよいでしょう。

  • CPU:core i3以上
  • メモリ:8GB
  • ストレージ容量:128GB

では今日はこのへんで(^^)